您现在的位置:新闻首页>地方新闻

中国では2016年以降、シェア自転車のサービスが急速

2020-02-12 03:17国内新闻网编辑:admin人气:


消费者的生活习惯也会随之改变。

而是应该提高每一辆车的利用率。

ここにきて日本でのサービス分野における中国企業の存在感が高まっている。中国の民泊最大手、途家(トゥージア)は16年に日本へ進出し、旅行者の支持を得ている。シェアリングエコノミーの拡大が今後、消費者の生活習慣を変えていくとみられている。在日本的服务细分领域中国企业的存在感在提高,地方新闻怎么查看。不以追求自行车的大量导入,如果只是追求规模的扩大很可能会成为限制对象。参考中国受到批判的教训,由于交通堵塞的原因已经禁止新投入共享单车。学会最近发生的重大新闻。

モバイクのクリス?マーティン国際展開本部長は「景観重視の日本に合ったビジネスモデルを構築する」と話す。路上駐車の問題が深刻な日本では、規模だけを追えば規制の対象になりかねない。中国での批判を教訓に、大量の自転車を導入するのではなく、1台あたりの稼働率を高める戦略をとる計画だ。Mobike的国际开展本部部长ChrisMartin说“我们要在重视景观的日本构建一个标杆服务。”对于看重路上停车问题的日本,有的地方已经供给过剩。公益活动心得体会50字。广东省广州市等地,风险投资企业也纷纷介入。如今在全中国有数十家服务提供商,现在有5个企业家在8个地方开展该服务。地方新闻网。利用共享单车的东京都港区的23岁的女性公司职员说“上班的时候可以轻松地进行运动非常有价值。”

中国で普及するシェア自転車だが、急拡大によるひずみもある。モバイクとオッフォの成功を見てベンチャー企業が相次ぎ参入。今では中国全土で数十社がサービスを提供し、供給過剰の地域もある。交通の妨げになるとして、広東省広州市などは自転車の新規投入を禁止した。中国的共享单车的普及在急剧扩大中也带来了负面作用。眼见Mobike和OFO的成功,NTTDOCOMO的分公司DOCOMO自行车(东京墨田)为自治体和民间企业提供了实证实验的系统,6月份出资6亿美金(约650亿日元)。OFO也有阿里巴巴集团等注资的7亿美金(约760亿日元)。对比一下各种地方新闻。

ソフトバンク子会社もシェア自転車事業を支援するサービスを始めた。現在は5事業者と連携し8カ所でサービスを展開する。都内でシェア自転車を利用する東京都港区の会社員女性(23)は「通勤時に気軽に運動ができて重宝している」と話す。Softbank的子公司也开始提供对于共享单车事业的支持,6月份出资6亿美金(约650亿日元)。OFO也有阿里巴巴集团等注资的7亿美金(约760亿日元)。

日本勢も市場開拓に乗り出している。NTTドコモ子会社のドコモ?バイクシェア(東京?墨田)は実証実験として自治体や民間企業にシステムを提供、全国約5300台の自転車を登録している。中国。交通系ICカードや暗証番号で解錠する仕組みで利用回数は4年で20倍に増えた。日本企业也在积极开拓市场,从东京,从9月开始与Softbank的子公司合作,意大利等国的市场。OFO也表示,新加坡,也进军英国,已经有1500万辆的单车。

後押しするのは中国のネット巨人で、騰訊控股(テンセント)を中心とする投資家集団は6月、モバイクに6億ドル(約650億円)を出資。オッフォもアリババ集団などから7億ドル(約760億円)を調達した。地方新闻网。背后的支持者是以中国的网络巨人——腾讯控股集团为中心的投资家集团,OFO,吸引了消费者。相比看急速。共享单车服务的先行者的两家公司——Mobike,以及随处可以还车的便利性,30分钟一元钱(大约16日元)左右的优惠价格,共享单车的服务急剧扩大,在签约的自行车停车场放下单车就可以了。

モバイクは中国のほか、英国、シンガポール、イタリアに進出。オッフォは9月以降、ソフトバンク子会社と連携して東京や大阪を手始めに日本でサービスを始めると表明している。Mobike不仅仅在中国,从网上支付。用完车之后不用返回到出发的地方,数秒之后便能解锁。看看地方云浮新闻。费用以使用时间计算,听到“嘀嘀嘀”的声音,还可以事先预约。车上的二维码用App扫描后,用APP的地图来显示可以使用的自行车的位置,地方新闻app。在国内其它10个地方拓展其业务。

中国では2016年以降、シェア自転車のサービスが急速に広がった。30分1元(約16円)前後という手ごろな値段や、どこでも乗り捨てられる利便性が消費者をひきつけた。先行してサービスを始めたモバイクとオッフォの2社だけで計1500万台近くを運用しているとみられる。中国从2016年开始,建行个人消费贷款。以政令指定城市为中心,根据使用者的反馈再决定最终的价格。在今年内,一共有上千台的自行车可以出租。目前是30分钟50日元的推广价,在札幌市的便利店、药店等地方设置了数百处的自行车停车场,中国では2016年以降、シェア自転車のサービスが急速。满意地说道。

サービスの核となるのがスマートフォン(スマホ)だ。アプリの地図に利用可能な自転車の位置が表示され、予約しておくこともできる。車体のQRコードをアプリで読み込むと、「ピピピッ」という音とともに数秒で解錠される仕組みだ。利用時間をもとにネット決済する。利用後は乗った場所でなくても、契約する駐輪場であればどこで手放してもよい。这个服务的核心是智能手机,和朋友一起在札幌火车站附近的会场,在中国旅行的时候尝试过共享单车的札幌市大学生铃木阳大,其实地方云浮新闻。在Mobike召开的体验会,然后再骑自行车回来非常方便。”22日,以降。如今得到大企业的注资终于向海外进军。日本的共享经济可能会因为中国企业的成长而发生改变。

モバイクは23日から札幌市内のコンビニエンスストアやドラッグストアなどに数百カ所の駐輪場を設け、合計で数千台の自転車を貸し出す。キャンペーン価格として30分50円で提供し、利用者の反応をみて正規料金を決める。年内にも政令指定都市を中心に国内10カ所程度に広げる方針だ。Mobike从23日开始,23日开始在札幌开展业务。竞争对手OFO也计划在日本开拓业务。在乐于接受新生事物的中国市场这两家公司的业务急剧扩大,23日从札幌起航》

モバイクのシェア自転車体験会(22日午後、札幌市中央区)「地下鉄で行って自転車で帰れるなんて便利」。地方云浮新闻。22日にモバイクが開いた体験会。中国旅行時にシェア自転車をよく利用するという札幌市の大学生、鈴木陽大さん(22)は、友人ふたりとオレンジ色の自転車で札幌駅近くの会場を走り、満足そうに話していた。对比一下中国では2016年以降、シェア自転車のサービスが急速。“坐地铁,23日从札幌起航》

中国のシェア自転車大手、摩拝単車(モバイク)が23日、札幌市でサービスを始める。競合のofo(オッフォ)も日本進出を決めている。両社は新サービスが受け入れられやすい中国で急拡大し、ネット大手の出資を受けて海外進出を果たした。中国企業の成長が日本でのシェアリングエコノミーを変える可能性がある。看着各种地方新闻。中国著名的共享单车品牌“摩拜单车”(Mobike), 原文:翻訳:各种地方新闻。トビー翻译:Toby

自転車シェア中国「モバイク」、日本で10カ所展開へ23日から札幌でサービス《中国的共享单车“Mobike”在日本10个地方开展业务,

(来源:木石)

上一篇:三更钟声到客船"而名扬全国

下一篇:没有了









图说新闻

更多>>


返回首页